受験数学

2020年から必須化されるプログラミング教育は、どんな形で始まるの?

2020年から小学校で、プログラミング教育が必修化する事が決まりましたが、具体的にどのように教育現場に導入され、どのように教育が変わっていくのでしょうか。今回は、プログラミング教育義務化に至った背景や概要に関してまとめていきたいと思います。

小学校でプログラミング教育の目的は?

小学校でプログラミング教育が必修化されると聞くと、プログラミングの授業が新設されたり、コーディングスキルを教えるといった事をイメージする人が多いかもしれませんが、実はそうではありません。

文部科学省の発行した「小学校プログラミング教育の手引き」によると、小学校におけるプログラミング教育のねらいは、「情報活用能力」を構成する資質・能力する事であり、以下の3つの項目から構成されます。

・知識及び技能

身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題 の解決には必要な手順があることに気付くこと。

・思考力、判断力、表現力等

-発達の段階に即して、「プログラミング的思考」 を育成すること。

・学びに向かう力、人間性等

-発達の段階に即して、コンピュータの働きを、 よりよい人生や社会づくりに生かそうとする態度を涵養すること。

小学校プログラミング教育の手引

このように文科省は、単にコーディングスキルやプログラミング言語を教えるわけではなく、問題解決のために、逆算的に物事を順序立てて解決していくプログラミング的思考を養う事を目的としています。つまり、プログラミングを通じて、試行錯誤を繰り返す事で問題解決のための手段を論理的に組み立てていくという教育体験を施すねらいなのです。

「コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められるこれからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、極めて重要なこととなっています。諸外国においても、初等教育の段階からプログラミング教育を導入する動きが見られます。」

プログラミング教育が推進されるようになった背景

それでは、プログラミング教育の必修化が推進されるようになったのにはどのような背景があるのでしょうか。これには主に二つの背景があります。ひとつめは将来起こりうるエンジニア人材の不足です。経済産業省のまとめた「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2019年をピークに入職率が退職率を下回る途ともに業界の高齢化が進むと推計しています。

「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」

そして、同調査は2030年にはIT人材の不足は約59万人に達すると深刻な人材不足に直面する事を予測しています。

「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」

もうひとつの理由は、日本のビジネスマンのITリテラシーの低さです。IT革命に乗り遅れ、後進国と言われて久しい日本ですが、社会全般におけるITリテラシーの低さと、それに伴う職場でのIT化の遅れも深刻な問題となっています。

先日のセブンぺイの顧客資産流出事件において、セブンペイの社長が二段階認証を知らなかった事が明らかになり、世間を驚愕させた事は記憶に新しいかも知れません。

2018年のガートナージャパンの調査によると、ITスキルに、関して、日本は「素人」または「中程度」と自分を評価する人が58%に上り、先進7カ国のうちITに対する苦手意識が最も高いことが明らかになりました。

(©Gartner)

また、経済協力開発機構(OECD)が先日公表した報告書「スキル・アウトルック2019」によると、個々人がデジタル化に対応できているかどうかによって、格差が深刻になる恐れがあると警鐘を鳴らしており、職場におけるメールや表計算、プログラミングの導入度合いを指数化した「職場のデジタル化の各国の比較」において、日本は主要先進国を大きく下回る結果となりました。

(©Gartner)

このように、残念ながら日本のITリテラシーやIT活用に関しては、その後進ぶりが如実に現れる結果が数多く報告されています。どのような業界であろうが、社会に出る以上、ITを適切に活用するリテラシーの向上が重要だという事が社会課題として浮彫になった事もプログラミング教育の必修化の推進力となったのです。

「誰にとっても、職業生活をはじめ、学 校での学習や生涯学習、家庭生活や余暇生活など、あらゆる活動において、 コンピュータなどの情報機器やサービスとそれによってもたらされる情報と を適切に選択・活用して問題を解決していくことが不可欠な社会が到来しつ つあります。」

具体的に導入されるの??

さて、先ほど紹介したように、小学校において、プログラミング教育が必修化されるといっても新しく教科として加わるわけでも、コーディングの授業が行われるわけでもありません。

「小学校におけるプログラミング教育を必修化するといっても、コンピュータに関する新しい教科が設けられるわけではありません。算数や理科など既存の教科の中で、プログラミングを取り入れた学習が実施されることになり、何年生の、どの教科で、どんな内容を何時間学習するのか、といった具体的な中身については各学校が判断します。(出典:教育ICT総合サイト)」

今回の改正により、以下のように算数の正多角形の作図、理科の電気の性質や働きなどを学習する際にプログラミング教育が導入されるのです。

(小学校プログラミング教育の手引 )

具体的に算数の授業を例を見ていきましょう。文科省の手引きには「プログラミングを利用して正多角形を描く」といった指導項目があります。

この場合、「辺の長さがすべて等しい」、「角の大きさがすべて等しい」、「円に内接する」、「中心角の大きさがすべて等しい」といった情報をコンピューターが理解できる命令を組み合わせる事で命令系統を設計します。

「長さ 100 進む(線を引く)」、「左に 120 度曲がる」といった命令を組み合わせることで「正三角形をかく」ことができ、六角形の場合は、「左に60度曲がる」事を6回繰り返す事で描く事ができます。しかし、一連の命令を●回繰り返すという命令をする事でより効率的に図形を描く事が出来ます。

「正三角形をかく」という課題に対して、図形に関する既習事項を活用して、「必要な動きを分けて考える」、「動きに対応した命令にする」、「それらを組み合わせる」、「必要に応じて継続的に改善する」といった試行錯誤を行う事で、プログラミング的思考を養うという指導要領が設計されているのです。

「この国の全ての人が、プログラミングができるようにならなければいけない。なぜなら、”考え方”がわかるようになるからだ。ロースクールに行くようなものだよ。全員が弁護士になるべきだとは言わないけれど、現実にロースクールに通うことは人生に役立つはずだ。一定の方法で物事の考え方を学べるからね。」

                     スティーブン・ジョブズ

どんな準備をすればよいの?

文部科学省は、プログラミング教育で大切にすべき以下の3つの視点として

・楽しく学ぶ

・考え方を学ぶ

・常に最先端を意識する

を上げています。中でも「苦手意識を感じさせない楽しく学ぶ工夫」に関しては同手引きでたびたび強調されています。

プログラミング教育の手引き

プログラミング教育が始まる事によって、どんな準備をすれば良いのか不安に思う親御さんも多いかも知れませんが、とにかくお子さんが楽しく学べる環境を作る事が一番重要な事と言えるでしょう。最後に小学生向けのプログラミング教室として定評のあるサービスを紹介します。来年始まる小学校におけるプログラミング教育に向けて参考にしていただければ幸いです。

Swimmy

Swimmyは2020年度から始まる教育改革に準拠した独自カリキュラムを採用しており、単にプログラミングを教えるだけでなく、文部科学省が重視する「プログラミング的思考」を養う事のできる独自カリキュラムを提供しています。

日常から課題を見つけて効果的に解決する力を育む事を目的としたベーシックコースの他にも、ゼロから始めて3年でプログラミング言語「Python」が習得できるエキスパートコースなどが用意されています。

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室

日本最大級のプログラミング教室を展開するヒューマンアカデミーは小学校5年生からロボットやプログラミングを学べるコースも開設しています。

ブロックを使ったロボット教室ではこども自身が「考えるちから」を重視しており、夢中になって遊びながらプログラミングの基礎が学べます。